和ノ香 セルエキストラクト(水溶性アロマ) ヨモギ(蓬 よもぎ)全草 【10ml】

 

ヨモギ・THE AROMAが選ぶ「和(国産)アロマ」です。

アロマと出会えてよかった、
今までの人生の中でどれほど香りに助けられたことでしょう。
植物の香り、ちからがこれほどまでにパワフルだったとは…
嬉しい驚きと共にすっかりアロマの虜です^ ^
こころもからだも、暮らしもサポートしてくれるアロマ☆
私にとっては人生にはなくてはならないアイテムです。


アロマにはオイルやウォーターなどいくつか形状があることをご存知でしょうか?

代表的なものは精油(エッセンシャルオイル)と呼ばれるものがひとつ、
アロマオイルと称されることが多いようです。
近年ではセルエキストラクト(細胞水)というウォーターが人気を高めています☆
どちらも植物純度が高く、アロマテラピーにはかかせない存在です^ – ^
巷にはたくさんのアロマ製品が出ていますが、
残念なことに、100%天然でない(成分添加、除去など)アロマもあったり…
ポプリオイルやフレグランスオイルは精油ではありません。

植物のちからを実感、安全にアロマを楽しむためには、
100%天然で植物の成分をぎゅっと閉じ込めた、
精油(エッセンシャルオイル)やセルエキストラクト(細胞水)を使うことが大切です☆


日本各地の植物から生まれた最新で最高のアロマ!

和ノ香のアロマは「最新で最高のアロマ」と言えるかもしれません。
正真正銘100%純粋な天然の植物成分であり、
抽出には日本で開発された最新の抽出方法(日本独自の技術です^ ^)を使っています。
原料は無農薬栽培のみを使用して、いいものだけを製品にしています。
さらに成分分析はロット(抽出ごと)に実施、
検査機関で成分を分析してもらいデータを開示しています。
植物にストレスを与えない抽出方法でつくられたアロマは、
香りはもちろんですが植物のエネルギーが全く違うのです!


環境と人にやさしいアロマライフ

和ノ香ではアロマの原料となる植物は、
規格外品や有効活用されていない植物を積極的に原料として活用しています☆
アロマのために生態系や自然環境を壊すようなことはしません。
美しい日本の自然を次世代につなぐためにも環境に配慮して原料を選んでいます^ – ^
使う人にも安全で安心なアロマテラピーを楽しんでもらいたいという想いから、
原料は無農薬栽培のみ、ロットごとの成分分析にこだわっています☆
 


日本の美しい植物、最新の技術から生まれた香り

和ノ香のアロマは日本各地の無農薬栽培の植物を厳選して使用しています。
アロマは日本の高い技術力から生まれた最新の抽出法「低温真空抽出法」で抽出、
「セルエキストラクト」という全く新しいタイプの水溶性アロマを生み出しています☆

低温真空抽出法とは、30℃前後の低温でアロマの抽出をすることができます。
(熱に弱い成分が壊れないので、従来の抽出法に比べて植物成分を極めて高く保持できます^ ^)
セルエキストラクトとは、植物の細胞から水分をほぼ100%移行した水溶性アロマです。
(水や水蒸気、溶媒などが一切加わらないため、極めて高い植物純度のアロマです。)
和ノ香は日本で生まれた新しいアロマは植物純度の高いアロマとして、
医療機関をはじめ、幅広い分野で注目されている最新のアロマです☆


新しく、楽しいアロマテラピー

和ノ香は桜や苺など今までなかった香りにも挑戦しています☆
従来の抽出方法ではアロマを作ることが出来なかった植物からも和ノ香の抽出方法なら可能です!
2015年度より数量限定で発売している「桜アロマ」は毎年完売してしまうほどの人気です^ ^
アロマテラピーをもっと楽しく♪
幅広い植物からアロマを楽しめるように、
和ノ香はこれからも新しいアロマに挑戦していきます。

  • 100%純粋で天然のセルエキストラクト(水溶性アロマ)です。
  • 成分分析はISO17025認定の第三者機関で実施しています。
  • ロットナンバー(抽出ごと)に成分分析を実施しています。
  • 原料は国産無農薬栽培のみを厳選しています。
  • 既存資源(間伐材や規格外品など)を原料として資源の有効活用をしています。
  • 日本各地の自治体や農林業者さんと連携して日本各地の香りを生み出しています。
  • 分子量が細かいのでスキンケアやトリートメントに使うと植物成分をたっぷりと取り入れることができます。
  • 新しいアロマに挑戦しています。
    (桜や苺など今までなかったアロマづくりを行っています^ ^)

 

THE AROMAでは、
暮らしに役立つ精油を厳選してご紹介しています。
ヨモギもそのひとつです☆

ヨモギは青く、みずみずしい新緑の香り。
和ノ香のヨモギアロマはヨモギの葉をもぎったときの草の香りがします。
草の香り、表現的にどうかと思いましたが、ヨモギそのものの香りなのです^ ^

日本を代表する薬草は、心身にエネルギーを与えます☆

■ ヨモギのキーワード
無気力、神経衰弱、だるさ、記憶・集中力の低下、落ち込み、ストレス、
慢性疲労、肩こり、筋肉疲労、冷え、足の疲れ、腰痛、神経痛


■ こんな時に

・気力がなく、だるいと感じるとき
・やる気や集中力を出したいとき
・行動する気がなかなか起きないとき
・自分に自信がもてないとき
・地に足がついていないとき
・人の考えに流されてしまうとき

■ おすすめポイント
ヨモギは日本を代表する薬草、
日本薬局方(厚生労働省告示)にて民間薬に記載されています☆
日本では古くから薬草や草餅などの食用として、親しまれてきた植物です。
最近の研究では、ヨモギの香りには、
ストレスをやわらげる働きがあるということもわかってきました^ ^

ヨモギに含まれる、シネオールという成分には、
からだを温めてくれる働きがあります。
日本では、腰痛や肩こりに効く薬湯として「ヨモギ湯」が古くからあります。
女性の冷えにも、効果的だと言われています☆

先人たちは、ヨモギの力強い香りが邪気を祓ってくれると信じていました。
植物の香りを邪気祓いや結界として活用している寺院は多くあります。
皆さんも「気」や「エネルギー」の流れを意識することはないでしょうか?
私は家の中に気が滞っていたり、重い空気だと居心地が悪いので、
アロマスプレーでシュッシュと空間の浄化をします☆
単純に家の空気が軽くて、心地よい空間だと気持ちがよいですよね^ ^
個人的な意見ですが、
色々な香りを試しましたが、ヨモギは浄化のちからが強いように感じます。
時には、疲れてぐったり寝ている主人にもシュッシュ(笑)
浄化とエネルギーチャージです(^-^)

ヨモギは、春の訪れを教えてくれる薬草です。
こちらはヨモギの若葉を摘み、フレッシュでみずみずしく、
伸びゆくエネルギーをそのままアロマにしました☆

■抽出方法など
抽出部位: 全草
抽出方法: 低温真空抽出法
原産国: 日本   

セルエキストラクトの使い方
セルエキストラクトはローションやパックを作ってスキンケアしたり、
ジェルやクリームで希釈してアロマトリートメントをしたり、
バスソルトを作ってお風呂に入れたり、
ハンドクリームなどの手作りクラフトをしたり、
紫外線の気になる季節には日焼け対策をしたり、
キッチンやお部屋の掃除に使ったり、
アウトドアでの虫除け対策をしたり、
暮らしの中でいろいろな用途で楽しめます☆
セルエキストラクトによっては禁忌(使用上の注意)がある香りもありますので、
使用上の注意などを参考にアロマテラピーをお楽しみくださいませ(^ ^)
主な芳香成分は精油と同じものが多いので、作用についてはアロマテラピーの書籍等を参考にしてください。

オススメの本はこちらです。
アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!

和ノ香について
2014年に設立。運営は一般社団法人日本の香り推進機構、アロマ事業を展開しています。
従来にない、極めて植物純度の高いアロマとして医療機関をはじめ、
ホテルやアロマテラピーサロンなど幅広い分野で導入されています。
環境と人の共存を大切にし、安心で安全なアロマライフの提案をしています。

和ノ香 セルエキストラクト(水溶性アロマ)
ヨモギ(蓬 よもぎ)全草 【10ml】

価格 3,900円(税込4,212円) 

【品名】 和ノ香セルエキストラクト ヨモギ
【容量】 10ml
【科/学名】 キク科 /Artemisia princeps
【原産国】 日本
【抽出部位】 全草
【抽出法】 低温真空抽出法
【主な芳香成分】 1.8-シネオール35%、ボルネオール29%、カンファー21%、その他
【発売元】一般社団法人日本の香り推進機構

※ヨモギアロマについて
乳幼児、妊産婦、授乳中の女性、てんかん患者などへの使用はお控えください。
高濃度、長期間使用は避け、敏感肌の方はご注意ください。(希釈濃度の目安1%程度) 


※直射日光、高温多湿の場所を避けて冷暗所に保管してください。

※原液のまま肌につけたり、飲用はしないでください。
※お子様やペットの手の届かない所で保管してください。
※使用後は必ずキャップをしっかり閉めてください。
※はじめてお使い頂く際は必ずパッチテスト等、お試しの上ご利用ください。
※高濃度で使用すると皮膚を刺激することがあります。敏感肌の方は注意してください。
※妊娠中の方、お薬を服用されている方はご使用をお控えになりかかりつけの医師にご相談ください。

詳しい取り扱い方法についてこちらをご参照ください↓
アロマテラピーについて 安全に楽しむための基本ルール

セルエキストラクト、ご存知ですか?
私自身はアロマテラピーではオイル(精油)がメインアイテムとして扱われているので、
どうしてもウォーターはサブ的要因のイメージがありました。
しかし、水溶性アロマと一言で片付けてしまうのはもったいない!と思うくらい、
セルエキストラクトは、本当に植物本来のちからを実感できるアロマです。
(香りも植物そのままの香りです^ ^)

初めてセルエキストラクトと出会ったとき「これはすごい!」と思ったのですが、
実際に使ってみて、そのすごさを実感しました☆
セルエキストラクト、本当に良いのです。私にとっては手放せないアイテムとなりました(^ ^)
何がどう良いのかは、以下をご覧いただけると嬉しいです。 

塩田清二氏(日本アロマセラピー学会 理事長)の著書でセルエキストラクトが紹介されました!
塩田先生はセルエキストラクトを見出し、名付けの親でもあります(^ ^)
また、昭和大学医学部教授時代から現在は星薬科大学特任教授としてセルエキストラクトの研究をされています。

・40℃前後の低温で抽出するため、熱に弱い精油成分を自然に近い形で取り出すことが可能
・溶剤や水蒸気などを一切使用しないので、100%原料由来の芳香成分を抽出することができる
(参考文献:<香り>はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療 塩田清二著 NHK出版 )

様々な研究によって、セルエキストラクトが高植物純度のアロマとして証明されています☆

セルエキストラクトとは、低温真空抽出法(※)で抽出される水溶性アロマです。
細胞を意味する「cell」と名付けられているとおり、細胞水を意味します。
植物の細胞から水分をほぼ100%移行したものがセルエキストラクトです。フローラルウォーター、ハイドロゾルとは異なります。
■ フローラルウォーター
水蒸気蒸留法で抽出される際に精油の副産物として抽出される
抽出時の水蒸気に微量な精油成分が混じったもの
■ セルエキストラクト
低温真空抽出法のみから抽出できる水溶性アロマ
水や水蒸気、溶媒等を一切含まない、100%植物由来の水溶性アロマ

※低温真空抽出法
30℃前後の低温で香気成分の抽出が可能、日本で開発された最新のアロマ抽出法。
従来の抽出法に比べ、植物成分を極めて高く保持し、100%植物由来の優れたアロマの抽出が可能。

 …という、ややこしくて難しいことはよくわからないわ
という方でもセルエキストラクトの心地よい使用感をお試しいただくだけでも、その価値あり!
とても気持ちよく植物のエネルギーを感じていただけると思います(^ ^)