和ノ香 低温真空抽出水 セルエキストラクト(水溶性アロマ)用 希釈基材 【300ml】

 

植物の恵みをもっと取り入れたい、そんな願いを叶えます。アロマクラフト用の国産の希釈基材です。

THE AROMAではシンプルスキンケアが大切、
と考えています。
私自身も洗顔後はローション(低温真空抽出水+ローズセルエキストラクト)、
クリーム(アロマ用トリートメントクリーム+ローズセルエキストラクト)だけです。
混ぜるだけなので誰でも簡単に作れる、アロマクラフトです☆
季節や肌の状態によって、
セルエキストラクトを変えることはありますが、
基本的にはこの2ステップだけです^ ^

こころの状態はお肌にも影響を与えると聞いたことがあります。
毎日、植物の優しい香りに包まれながらのスキンケア☆
これがこころや感情のケアも同時にできているようで、
こころの状態が整うとお肌も安定してきました。
アロマテラピーのスキンケアは、
こころとお肌にうるおいを与えてくれるもの(^ ^)
お肌の奥と同時にこころの奥もケアしてくれる、
そんな大人のスキンケアをサポートするローション基材です。


アロマをもっと楽しみたい!
自然派スキンケアをしたい!
という方にもこちらがおすすめです☆
ローション基材?どうやって使うの?
こちらを使うと簡単に化粧水が作れます(^ ^)
【用意するもの】
・好みのセルエキストラクト(10〜30滴程度)

・低温真空抽出水 (50ml)
・ボトル容器
※50mlに対して、10滴で1%濃度、30滴で3%濃度です。 


容器に低温真空抽出水を入れる、セルエキストラクトを入れる、キャップを閉じて、振って完成です!☆
精油の場合は無水エタノールを使用しますが、
セルエキストラクトは水溶性アロマなので不要です。
濃度の調整も後で低温真空抽出水やセルエキストラクトを足すことで可能なので、
はじめての香りや敏感肌の方は低い濃度(0.1%〜0.2%)くらいから行ってみてください(^ ^)

ちなみに、このローションをシートマスクに含ませるとアロマパックができます☆
頭皮用トニックにも活用できます。
日焼けした頭皮にシュッシュとスプレーするととても気持ちが良いです^ ^


低温真空抽出水のこだわり


■ 国産の天然水100%からつくりだした、天然由来の国産アロマ用希釈基材です。
■ 植物の成分がしっかりと届くよう、分子量が細かくなるように工夫されています。
(お肌につけるとスーッとなじんでいきます^ ^)
■ 安定剤や保存料、アルコール類を
一切含まない、お肌にやさしい基材です。

■ アロマクラフトを手作りしてみたい方に
■ 自然派スキンケアに興味がある方に
■ アロマテラピーのセルフケアに興味がある方に
■ ご自分やご家族の健康維持やリラクゼーションに関心がある方に
■ 植物のよいエネルギーを取り入れたい方に

■ アロマの心地よい香りを感じたい方に

低温真空抽出水は、ローションで使用すると、
さらりとした質感でするりとお肌に入っていきます☆
お肌にとってストレスフリー、
軽いタッチで水分が入っていくような感覚です。

植物の香り、成分を活かす基材
低温真空抽出水は、セルエキストラクトの特性を活かすアロマ用基材として開発されました。
植物の香り、成分を活かすために「分子量を細かく(小さく)」しています☆
分子量はお肌の仕組み、スキンケアを知るうえでとても重要な要素です。
分子量によって、お肌に吸収されるか、吸収されないかが決まってきます。
低分子ほどお肌に馴染み、深くまで浸透していきます^ ^
セルエキストラクトの平均分子量は160前後、精油と比べても小さいことが特性です☆
この特性を活かすためには合わせる基材も分子量を細かくする必要があります。
低温真空抽出法で抽出すると分子量が小さくなるので、その原理を基材にも応用しました。


低温真空抽出水について

低温真空抽出水は、
植物の香り、成分をそのまま取り入れるために開発されたベース用基材です。
ローションやスプレー用の希釈基材は全て同じではありません。
メインとなるアイテム(セルエキストラクトや精油)の特性を考慮すること、
使用目的に合わせてベース用基材を選択することが大切です☆
低温真空抽出水は、自然派スキンケアの実力やアロマクラフトの心地よさ、
植物のちからを実感するために…と開発されています。

せっかくアロマを使って自然派スキンケアをしたいのに、
ベース用基材に保存料や安定剤などが入っていたらもったいない!
しかし、品質の安定を図るためには天然水を抽出しただけでは十分ではありません。
そこで技術者の方にお願いして、安定剤などを一切使用しない工夫をしてもらいました☆
抽出後にもうひと工程加えることで可能になりました。
この工程に行き着くまで長い道のりでしたので、詳しいことは企業秘密にさせてください^ ^

そうやって生まれた「低温真空抽出水」、
誰でも簡単にアロマテラピーのクラフトがお気軽にご使用いただけるアイテムです。

和ノ香 低温真空抽出水 セルエキストラクト(水溶性アロマ)用
希釈基剤【300ml

価格 1,800円(税込 1,944円) 

【品名】和ノ香 低温真空抽出水 セルエキストラクト(水溶性アロマ)用 希釈基剤【300m】
【容量】300ml
【原材料】 天然水
【原産国】 日本
【発売元】一般社団法人日本の香り推進機構


※直射日光、高温多湿の場所を避けて冷暗所に保管してください。

※お子様やペットの手の届かない所で保管してください。
※使用後は必ずキャップをしっかり閉めてください。
※はじめてお使い頂く際は必ずパッチテスト等、お試しの上ご利用ください。
※高濃度で使用すると皮膚を刺激することがあります。敏感肌の方は注意してください。
※妊娠中の方、お薬を服用されている方はご使用をお控えになりかかりつけの医師にご相談ください。
※アロマクラフトを作成時にはレシピと作成した日付をラベルに記入し、容器に貼ってください。
※防腐剤や安定剤などを使用しないクラフトは早めに使い切るようにしてください。

詳しい取り扱い方法についてこちらをご参照ください↓
アロマテラピーについて 安全に楽しむための基本ルール

セルエキストラクトについて
セルエキストラクト、ご存知ですか?
私自身はアロマテラピーではオイル(精油)がメインアイテムとして扱われているので、
どうしてもウォーターはサブ的要因のイメージがありました。
しかし、水溶性アロマと一言で片付けてしまうのはもったいない!と思うくらい、
セルエキストラクトは、本当に植物本来のちからを実感できるアロマです。
(香りも植物そのままの香りです^ ^)

初めてセルエキストラクトと出会ったとき「これはすごい!」と思ったのですが、
実際に使ってみて、そのすごさを実感しました☆
セルエキストラクト、本当に良いのです。私にとっては手放せないアイテムとなりました(^ ^)
何がどう良いのかは、以下をご覧いただけると嬉しいです。

塩田清二氏(日本アロマセラピー学会 理事長)の著書でセルエキストラクトが紹介されました!
塩田先生はセルエキストラクトを見出し、名付けの親でもあります(^ ^)
また、昭和大学医学部教授時代から現在は星薬科大学特任教授としてセルエキストラクトの研究をされています。

・40℃前後の低温で抽出するため、熱に弱い精油成分を自然に近い形で取り出すことが可能
・溶剤や水蒸気などを一切使用しないので、100%原料由来の芳香成分を抽出することができる
(参考文献:<香り>はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療 塩田清二著 NHK出版 )

様々な研究によって、セルエキストラクトが高植物純度のアロマとして証明されています☆

セルエキストラクトとは、低温真空抽出法(※)で抽出される水溶性アロマです。
細胞を意味する「cell」と名付けられているとおり、細胞水を意味します。
植物の細胞から水分をほぼ100%移行したものがセルエキストラクトです。フローラルウォーター、ハイドロゾルとは異なります。
■ フローラルウォーター
水蒸気蒸留法で抽出される際に精油の副産物として抽出される
抽出時の水蒸気に微量な精油成分が混じったもの
■ セルエキストラクト
低温真空抽出法のみから抽出できる水溶性アロマ
水や水蒸気、溶媒等を一切含まない、100%植物由来の水溶性アロマ

※低温真空抽出法
30℃前後の低温で香気成分の抽出が可能、日本で開発された最新のアロマ抽出法。
従来の抽出法に比べ、植物成分を極めて高く保持し、100%植物由来の優れたアロマの抽出が可能。

むずかしいことはよくわからない、そんなの聞いたことない、
セルエキストラクトに馴染みのない方も、
「ちょっと気になる♪」と思われたら、ぜひ試してみてください^ ^
新しいアロマとの出会いにワクワク、
そして、アロマテラピーの幅がぐっと広がります☆