和ノ香 トリートメントクリーム アロマ用ベースクリーム 【200g】 

アロマクラフトに便利な、植物由来のアロマ用ベースクリームです。


THE AROMAではシンプルスキンケアが大切、
と考えています。
私自身も洗顔後はローション(低温真空抽出水+ローズセルエキストラクト)、
クリーム(アロマ用トリートメントクリーム+ローズセルエキストラクト)だけです。
混ぜるだけなので誰でも簡単に作れる、アロマクラフトです☆
季節や肌の状態によって、
セルエキストラクトを変えることはありますが、
基本的にはこの2ステップだけです^ ^

こころの状態はお肌にも影響を与えると聞いたことがあります。
毎日、植物の優しい香りに包まれながらのスキンケア☆
これがこころや感情のケアも同時にできているようで、
こころの状態が整うとお肌も安定してきました。
アロマテラピーのスキンケアは、
こころとお肌にうるおいを与えてくれるもの(^ ^)
お肌の奥と同時にこころの奥もケアしてくれる、
そんな大人のスキンケアをサポートするアロマ用トリートメントクリームです。


アロマをもっと楽しみたい!
自然派スキンケアをしたい!
という方にもこちらがおすすめです☆
無香料、無着色、ノンパラベン、ノンシリコン、ノンアルコール、
石油系化学物質不使用の植物性トリートメントクリームです^ ^

こちらは精油にもセルエキストラクト(水溶性アロマ)にも使える、
万能アロマ用トリートメントクリームです☆
アロマ用トリートメントクリームってどう使うの?
こちらを使うと簡単にアロマクリームが作れます(^ ^)
【用意するもの】
・好みのセルエキストラクト(1滴程度)
・和ノ香トリートメントクリーム (1プッシュ)
※トリートメントクリームは1プッシュ、約1gの設定です。
上記の使用量は個人的な目安になりますので、個人の肌の状態に合わせて濃度を調整してください。


手のひらにトリートメントクリームを1プッシュ出す、セルエキストラクトを入れる、混ぜて、完成です!☆
お肌にもボディにもお使いいただけます。
実はこちらのトリートメントクリーム、
サロンでのアロマトリートメントを目的として開発されました☆
セラピストさんに伸びや保湿力などのご意見をいただきながら、
完成までに何度も何度も改良を重ねて出来上がった商品です。
伸びとお肌に潤いを与える保湿力が自慢のクリームです(^-^)☆

とても心地よい使用感で季節を問わずにお使いいただけます。
アロマと合わせて香りを楽しんだり、伸びのよいテクスチャー、
お肌がしっとりと潤っていく感覚をお試しいただけると嬉しいです。
クリームなのでお肌につけた後のふき取りは不要です♪

私自身は朝晩はローズセルエキストラクトと合わせて、スキンケアに。
日中は手荒れや乾燥が気になったときにハンドクリームに、
足の疲れやむくみを感じたときにはフットマッサージに使っています☆
手のひらで簡単にアロマと混ぜることができるので、
時間がないときでもパパッとセルフケアができてオススメです(^-^)


和ノ香トリートメントクリームのこだわり


■ お肌にやさしい植物性トリートメントクリームです。
(無香料、無着色、ノンパラベン、ノンシリコン、ノンアルコール、石油系化学物質不使用)
■ 精油、セルエキストラクト(水溶性アロマ)のどちらでも使用できます。
■ お顔とボディにお使いいただけます。

■ ポンプ式の容器になっており、外から汚染物質が入らないようデザインされています。
■ ポンプ式の容器は、1プッシュで約1gが出るように設計されています。計量が簡単にできます。
■ トリートメントしやすいよう伸びのよいテクスチャーです。


■ アロマクラフトを手作りしてみたい方に
■ 自然派スキンケアに興味がある方に
■ アロマテラピーのセルフケアに興味がある方に
■ ご自分やご家族の健康維持やリラクゼーションに関心がある方に
■ アロマの心地よい香りを感じたい方に
■ 手軽にアロマクラフトを楽しみたい方に
■ パパッと簡単にセルフケアをしたい方に
■ サロンやスパでのトリートメント基材に

和ノ香トリートメントクリームは、
伸びのよい、柔らかい質感で、お肌にハリとうるおいを与えてくれます。
また、アロマと合わせて使うことにより、
私たちのこころとからだに植物のエネルギーを届けてくれます。
個人的には、キャリアオイルと比べるとクリームの方が手軽さを感じます^ ^
パッと、サッと簡単に用途に応じてアレンジできるので、
アロマテラピーがもっと身近なものになった便利なアイテムです☆


和ノ香トリートメントクリームについて

和ノ香トリートメントクリームは、
お肌をいたわりながら、しっとりとキメの整った、美しい素肌へと導くクリーム。
そこにアロマを加えることによって、
香りを楽しみ、植物のちからを実感できるスキンケアを手軽に行うことができます☆
無香料ですので、
香りが苦手な方や体調によって香りが受け付けられないときもお使いいただけます。

スキンケアの場合には、
ローションの後にクリームで保湿することをおすすめします☆
水分だけでは乾燥してしまうので、クリームで油分をしっかりと与えてあげること(^ ^)
個人的には目元の小じわとほうれい線のケアに効果的だと感じています。
こちらのクリーム、とてもよく伸びるので1プッシュでお顔だけでなく、
首〜デコルテまでマッサージできます。
手に残ったクリームは頭皮のマッサージにも☆
クリームなので髪についてもオイルのようなベタつきはありません(^ ^)

我が家では、風邪をひいて咳や鼻づまりのときには、
首から胸、のどの辺りをトリートメントクリームに精油を加えて塗ります。
肩こりや筋肉痛などのときにも、こちらのクリームでマッサージをします☆
私はお顔のスキンケアに、主人はボディの部分ケアに、
目的に応じて、お気軽にご使用いただけます^ ^

和ノ香 トリートメントクリーム アロマ用ベースクリーム【200ml 

価格 7,800円(税込 8,424円)

【品名】和ノ香 トリートメントクリーム 
【容量】200g
【全成分】水、プロパンジオール、トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル、
パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ジステアリン酸ポリグリセリル-3
メチルグルコース、ベヘニルアルコール、ステアリン酸グリセリル、
セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、プロリン、セリン、グリシン、
グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、ベタイン、PCA-Na、
ソルビトール、フィトスフィンゴシン、コレステロール、ラウロイル乳酸Na、
トコフェロール、キサンタンガム、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル
【原産国】 日本
【製造販売元】 株式会社ユーア化学研究所
【発売元】一般社団法人日本の香り推進機構

※初めての使用でクリームが出にくい場合は、何度かポンプを押してお使いください。
※ポンプ部分を強く叩いたり、連続で何度も押すと故障の原因となりますので、ご注意ください。


※直射日光、高温多湿の場所を避けて冷暗所に保管してください。

※お子様やペットの手の届かない所で保管してください。
※お肌に異常があるとき、または異常があらわれたときは、ご使用をおやめ下さい。
※開封後は、ノズルの口を清潔にし、お早めにご使用下さい。

※はじめてお使い頂く際は必ずパッチテスト等、お試しの上ご利用ください。
※目や口に入らないようにご注意下さい。
もし目に入ったときはすぐに水又はぬるま湯で充分に洗い流して下さい。
※アロマクラフトを作成時にはレシピと作成した日付をラベルに記入し、容器に貼ってください。
つくったアロマクリームは早めに使い切るようにしてください。

詳しい取り扱い方法についてこちらをご参照ください↓
アロマテラピーについて 安全に楽しむための基本ルール

セルエキストラクトについて
セルエキストラクト、ご存知ですか?
私自身はアロマテラピーではオイル(精油)がメインアイテムとして扱われているので、
どうしてもウォーターはサブ的要因のイメージがありました。
しかし、水溶性アロマと一言で片付けてしまうのはもったいない!と思うくらい、
セルエキストラクトは、本当に植物本来のちからを実感できるアロマです。
(香りも植物そのままの香りです^ ^)

初めてセルエキストラクトと出会ったとき「これはすごい!」と思ったのですが、
実際に使ってみて、そのすごさを実感しました☆
セルエキストラクト、本当に良いのです。私にとっては手放せないアイテムとなりました(^ ^)
何がどう良いのかは、以下をご覧いただけると嬉しいです。

塩田清二氏(日本アロマセラピー学会 理事長)の著書でセルエキストラクトが紹介されました!
塩田先生はセルエキストラクトを見出し、名付けの親でもあります(^ ^)
また、昭和大学医学部教授時代から現在は星薬科大学特任教授としてセルエキストラクトの研究をされています。

・40℃前後の低温で抽出するため、熱に弱い精油成分を自然に近い形で取り出すことが可能
・溶剤や水蒸気などを一切使用しないので、100%原料由来の芳香成分を抽出することができる
(参考文献:<香り>はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療 塩田清二著 NHK出版 )

様々な研究によって、セルエキストラクトが高植物純度のアロマとして証明されています☆

セルエキストラクトとは、低温真空抽出法(※)で抽出される水溶性アロマです。
細胞を意味する「cell」と名付けられているとおり、細胞水を意味します。
植物の細胞から水分をほぼ100%移行したものがセルエキストラクトです。フローラルウォーター、ハイドロゾルとは異なります。
■ フローラルウォーター
水蒸気蒸留法で抽出される際に精油の副産物として抽出される
抽出時の水蒸気に微量な精油成分が混じったもの
■ セルエキストラクト
低温真空抽出法のみから抽出できる水溶性アロマ
水や水蒸気、溶媒等を一切含まない、100%植物由来の水溶性アロマ

※低温真空抽出法
30℃前後の低温で香気成分の抽出が可能、日本で開発された最新のアロマ抽出法。
従来の抽出法に比べ、植物成分を極めて高く保持し、100%植物由来の優れたアロマの抽出が可能。

むずかしいことはよくわからない、そんなの聞いたことない、
セルエキストラクトに馴染みのない方も、
「ちょっと気になる♪」と思われたら、ぜひ試してみてください^ ^
新しいアロマとの出会いにワクワク、
そして、アロマテラピーの幅がぐっと広がります☆