杉乃精 エッセンシャルオイル(精油) 山椒(サンショウ)枝葉 【5ml】

 

サンショウ・THE AROMAが選ぶ「和(国産)アロマ」です。

アロマテラピーとの出会いは私の人生を大きく変えました。
こころやからだはもちろん、暮らしもサポートしてくれるアロマ☆
一人でゆっくり、家族と一緒に、家の中で、旅行先で、アウトドアで、

暮らしのどんなシチュエーションにもアロマがあるとその時間がとても豊かになります。
私にとっては人生にはなくてはならないアイテムです。 


アロマオイルといっても実際には品質は様々です。

ポプリオイルやフレグランスオイルは精油ではありません。
アロマテラピーでは精油(エッセンシャルオイル)と呼ばれるオイルを使用します。
ですが残念なことに、100%天然でない(成分添加、除去など)アロマもあったり…
植物のちからを実感、安全にアロマを楽しむためには「100%純粋で天然の精油」を使うことが大切です☆


京都 北山のエコロジカルな香り

杉乃精の精油は京都の中心部から車で1時間ほどの京北と呼ばれる地域で生まれています。
その地域で採れる原料を中心に、なんと手作りの蒸留機で抽出を行っています。
そして、試行錯誤の末、
あらゆる生産ラインを自動化、簡素化、循環型にしてエコロジカルにかつ効率的にと発展しました。
もちろん、正真正銘100%純粋な天然のアロマオイル(精油)です☆
手作りの蒸留機、燃料は薪、田んぼの真ん中にある抽出工房、
そして代表の村山さんの地域とアロマに対する熱い想い、
全てが相まって生まれる、杉乃精のアロマにはどこにもないあたたかさがあります。

 


なんとかして北山を救いたい、北山杉を助けたい。
HPに書かれていた一文です。
なんだか居ても立ってもいられなくなって、すぐに京都の抽出工房に伺いました。
京都中心部から車で1時間ほど、
抽出工房が近くなってくると道路の両側に北山杉を見ることができます。
北山杉に囲まれた、その場所は空気が綺麗で日本の里山が広がっていました。
試行錯誤の中、アロマという新しい活路を見出されたこと、
古くからの産業で新しいことにチャレンジするということは大変なご苦労があったと思います。
抽出工房を見学させていただき、その香りを嗅いだとき、胸が熱くなりました。
地域活性化とアロマに対する想いがその香りに宿っていました。
北山杉精油をはじめ、山椒精油など地元の植物を活かしたアロマを生産しています。


京都 北山とその地域の香り

杉乃精の精油の原料は京北と呼ばれる、京都北部の植物を使用しています。
数寄屋造や茶室などで活用されていた北山杉も、
生活様式が変わり、以前のように活用されることも少なくなってきました。
その結果、
林業を営んでいる方の廃業、放置された北山杉、
この状況をどうにか出来ないかという想いから生まれた香りが北山杉精油です。
そこから幾つかの香りの抽出に成功し、そのひとつに山椒精油があります^ ^
 

  • 100%純粋で天然の精油です。
  • 精油の成分分析は第三者機関にて実施しています。
  • 間伐材や枝葉を採集して資源の有効活用をしています。
  • 精油を抽出後の杉の枝葉は土壌菌を加えて、腐葉土にしています。
  • 燃料は山に放置されている山地残材を有効利用するので、環境負担を軽減しています。
  • 地元の銘水を蒸留用水として使用しています。
  • 冷却水は川水や雨水を利用することで環境負荷を軽減しています。  


THE AROMAでは、

暮らしに役立つ精油を厳選してご紹介しています。
山椒(サンショウ)もそのひとつです☆

山椒精油はスッキリ&爽やかな柑橘系香りの奥にピリリとした刺激を感じます。
個人的にはうなぎが食べたくなる香りです。笑

粉山椒の香りに比べるとマイルドなので嗅いでいてストレスは感じません^ ^
山椒の若葉(木の芽)をパンと叩いたときの香りに近いです。
奥に潜むピリリとした刺激がとても癖になる香りです。
山椒はワサビと並ぶ日本古来の薬味ですが、
小さな実をたくさん付けることから子孫繁栄に繋がる縁起の良い植物とされています。
山椒はミカン科なので柑橘のような香りも感じますが、
ピリリとした心地よい刺激は他の精油にはない魅力ある香りです。

■ サンショウのキーワード
神経過敏、気持ちの高ぶり、気力がない、ショック、ストレス、
精神疲労、肉体疲労、むくみ、冷え、足のだるさ、デトックス、
食欲不振、もたれ、風邪、
抗菌、抗ウイルス

■ こんな時に
・心身のエネルギーが不足していると感じたとき
・ストレスに負けない強さが欲しいとき
・気持ちを落ち着けたいとき
・程よい刺激が欲しいとき
・心身のベースを引き上げたいとき

■ おすすめポイント
山椒と言えば、京都に旅行に行くとお蕎麦屋さんのお薬味でよく見かけます。
スッとした心地よい刺激ある香りが食欲を増します^ ^
山椒はミカン科に属するので柑橘類に分類されます。
柑橘を思わせる爽やかな香りはリフレッシュしたいときにおすすめです。
そして、山椒の香りはじっくり感じているとこころとからだが満たされてくるようです。
アロマスプレーなどでシュッシュとするとリフレッシュ、
アロママッサージでゆっくり香りを楽しむとリラックスする香りです☆
瞬時に使うとリフレッシュ、じわじわ楽しむとリラックスする面白い香りです。
今日はこころもからだもちょっと疲れたなというときは、
お風呂の後に山椒アロマオイル(精油)でマッサージをします。
マッサージしていると最初に嗅いだようなピリリとした印象は和らぎ、
個人的な感想ですが穏やかな香りに包まれてからだが温まる感じがします^ ^
冷えが気になるときやむくみを感じたときにおすすめです。
我が家ではアロマスプレーを作ってマスクにシュッとしたり、
リネンにスプレーしています。
山椒と言うと香りが強く刺激的なイメージですが、
杉乃精さんの山椒アロマオイル(精油)は香りに丸みがあるので優しい印象です☆
個人的にはこのくらいの刺激が日常使いには使いやすくて気に入っています^ ^

ブレンドは柑橘系はもちろん(レモンとブレンドすると爽やかでおすすめです☆)、
京都産同士で北山杉精油とのブレンドはフレッシュで染み透るような香りです。
少しエッジの効いたブレンドに仕上げたい場合はシマ月桃やタイリン月桃などがおすすめです。
おしゃれな香りに仕上がります♪

季節の変わり目でこころとからだが揺らぎやすい時期に心身のベースを引き上げて、
ストレスや気候による影響を受けにくい身体づくりをしたいときに取り入れています。
じわじわとエネルギーが満ちてくる感覚が好きです☆

すっきりとした柑橘系の香りに程よい刺激が大人に人気の香りです。
我が家では主人もお気に入りの香りです^ ^

■抽出方法など
抽出部位: 枝葉
抽出方法: 水蒸気蒸留法
原産国: 日本  

精油の使い方
精油はディフューザーなどで香りを拡散させて芳香浴をしたり、
バスソルトやバスオイルを作ってお風呂に入れたり、
手浴や足浴をしたり、
ボウルや洗面器に熱い湯と入れてスチームにしたり、
熱めの湯か氷水を使ってタオルで湿布をしたり、
キャリオイルやクリームで希釈してアロマトリートメントをしたり、
ローションやパックを作ってスキンケアしたり、
石鹸やリップクリーム、ハンドクリームなどの手作りクラフトをしたり、
キッチンやお部屋の掃除に使ったり、
アウトドアでの虫除け対策をしたり、
暮らしの中でいろいろな用途で楽しめます☆
精油によっては禁忌(使用上の注意)がある精油もありますので、
アロマの本などを参考にアロマテラピーをお楽しみくださいませ(^ ^)

オススメの本はこちらです。
アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!

杉乃精について
京都市右京区にある北山杉精油を中心とした商品を展開する会社。
地域と精油に対する、熱い想いをとても感じる会社さんです。
代表の村山さんのお人柄は会社のイメージそのまま、
私が伺った際もとてもあたたかく迎えてくださいました。
ご自宅でお昼(納豆餅、絶品でした!)までご用意くださって、たくさんのお話をしてくださいました。
あたたかくて、愛を感じる会社さんが生み出すアロマ、香りにその想いが反映されているように感じます。

生産者さんからのメッセージ

かつて1本数百万円もしたことがある北山杉の床柱。
今は生活スタイルも大きく変わり、床柱を据える家も建ちません。
かつて賑わった北山杉の生産業者は激減しました。
山は杉や桧に覆われ、手入れをするのは高齢化の進んだ林業家。
手入れのない山は荒れ、大雨などふるものなら、
山が崩れ川も崩れ、あげく海も荒れていきます。
北山の山林を何とか負のサイクルから脱却させ、
林業で生活できる若い世代を定着させていく事は、
とても大事な事なのです。
その一端を私どもが担っていくことが使命だと感じている所です。
このアロマオイル(精油)製造という事業が、
京北の経済活性化の起爆剤となることを夢見て毎日頑張っております。
皆様どうぞ暖かく見守っていただけたらと思います。

杉乃精 エッセンシャルオイル(精油)
山椒(サンショウ)枝葉 【5ml】

価格 4,000円(税込 4,320円)

おまけ付き、アロマオイル(精油)です。
杉乃精さんからのご厚意で1本につき2つの「杉の板」がついています^ ^
机などに置いて、杉の板にアロマオイル(精油)を数滴垂らして、
ディフューザーとしてご利用ください。

 

【品名】 杉乃精 エッセンシャルオイル サンショウ 枝葉
【容量】 5ml 
【科・属/学名】 ミカン科サンショウ属 / Zanthoxylum piperitum
【抽出部位】 枝葉
【蒸留法】 水蒸気蒸留法
【主な芳香成分】 サビネン、リモネン、α-テルピネン、α-コパエン、酢酸リナリル、カリオフィレン、酢酸シトロネリルなど
【製造元】株式会社K・Kファーム


※直射日光、高温多湿の場所を避けて冷暗所に保管してください。

※原液のまま肌につけたり、飲用はしないでください。
※お子様やペットの手の届かない所で保管してください。
※使用後は必ずキャップをしっかり閉めてください。
※はじめてお使い頂く際は必ずパッチテスト等、お試しの上ご利用ください。
※高濃度で使用すると皮膚を刺激することがあります。敏感肌の方は注意してください。
※妊娠中の方、お薬を服用されている方はご使用をお控えになりかかりつけの医師にご相談ください。

詳しい取り扱い方法についてこちらをご参照ください↓
アロマテラピーについて 安全に楽しむための基本ルール

 正式名称は「精油(エッセンシャルオイル)」ですが、
一般的には「アロマオイル」と呼ばれることが多く、
その呼び名で定着しているため、当店でもそのように記載しています。
当店では、100%天然の精油(エッセンシャルオイル)のみを取り扱っています。