ちょっと大袈裟に聞こえるかも知れませんが、
個人的にはローズのない人生なんて考えられないと思っています^ – ^

ローズは女性としての私を支えてくれる香りです。
こころとからだ、お肌にうるおいを与えてくれる魔法のアロマなのです☆

そう実感するようになったのは年齢を重ねてからf^_^;
大人の女性にこそ、ローズを!

数あるアロマの中でも毎日欠かさずに使うのはローズだけ(朝晩使用です☆)、
日々使い続けて実感したローズの魅力、ご紹介します^ – ^

ローズアロマの魅力を3つのポイントでご紹介します☆

こころ“愛”で満たしてくれる香り
ありのままの自分を受け入れることは幸せへの第一歩^ – ^
自分を愛することで毎日が変わっていきます☆

からだバランスを整える香り
ホルモンバランスの調整作用は女性の不調はもちろん、
女性性を内側から輝かせます☆☆

お肌うるおいを与える香り
お肌の状態はこころの状態を映す鏡といっても過言ではありませんf^_^;
こころのうるおいはお肌のうるおいに影響するのです。

ローズの効能については、アロマ関連書籍などでも紹介されています^ – ^
最新! アロマセラピーのすべてがわかる本アロマテラピーの教科書―いちばん詳しくて、わかりやすい!
ではローズアロマの効果効能についてわかりやすく&詳しく紹介されています☆
命をつむぐバラ はローズの魅力満載の1冊です!
医療やレストランなど様々な現場でのローズの効果が紹介されています。
最近では、AEAJ(公益社団法人 日本アロマ環境協会)でローズに関する研究結果が発表されました☆
 

ローズアロマにご興味があるけれども、ちょっと悩んでいるわ、
と思っていらっしゃる方に
当店のローズアロマについてのご説明をさせていただきますね。

皆さまの懸念事項は「水溶性」である点と「お値段」ということですよね^_^;
ここまでは金木犀アロマと同じことが言えると思います。

確かに、アロマオイル(精油)を使い慣れていると戸惑うこともあるかと思いますが、
個人的にはローズは精油より水溶性の方が使いやすいと思います☆

その理由は、
当店のローズアロマは香りも成分のローズそのままに限りなく近いからです。

ローズアロマの抽出温度は30℃前後の低温抽出のため、
アロマが作られる過程で高い熱が加わらないことが特徴です。
高い熱による成分の破壊も少なく、よりローズ本来の香りをお楽しみいただけます^ ^

ローズのアロマオイル(精油)は
「水蒸気蒸留法のローズオットー」と「溶剤抽出法のローズアブソリュート」があります。
一般的にお肌に使うときはオットー、香りはアブソリュートと言われることがありますが、
当店のローズアロマはオットーとアブソリュートの良いとこ取りをしている、アロマです^ – ^

詳しく解説しますと、
水蒸気蒸留法のオットーは溶剤は使用しませんが、高温で成分が崩れやすい、
溶剤抽出のアブソリュート高温は使用しませんが、溶剤が残る可能があるのでお肌には不向き、
低温抽出で成分の破壊が極めて少ない&
溶剤も水蒸気も加わらないアロマが当店の水溶性アロマです☆

ローズ本来の香りと成分を楽しめるアロマ、ということです^ – ^

これは個人的な意見ですがf^_^;
ローズ精油の濃密な香りが毎日使うには負担を感じることがあります。
当店のローズアロマはお花そのままのフレッシュな香りなので、
精油に比べるとライトに感じますが、嗅ぐストレスが少ないのです。

そして何より、生きている私たちの心身を支えてくれるのは
やはり生きた生命力のある植物のちからだと思います☆

当店のローズアロマは
無農薬栽培の国産ダマスクローズが開花した早朝に採取、その日に抽出したアロマです。

自然のままに近いので、植物のエネルギーがギュッと詰まったものです。
余計な熱や成分が含まれていないため、波動も高く、
使っている私たちの波動も上げてくれます^ – ^
個人的にはそこも好きなポイントです☆

とはいえ、不安だわという方は、
こちらの水溶性アロマの詳細について記載したページをご覧くださいませ^ ^
1回使ってみるとその自然な香りの心地よさと植物のちからに
すっかり虜になってしまうと思います。
使い勝手においては慣れてしまえば、特に負担もなく、
個人的にはオイルより使いやすい印象です。

それから「お値段」についてですが、
ローズの花のみを原料としているために取れる量に限りがあります。

ローズの花から採れる水分(水溶性アロマ)はごくごく僅かなので、
採れる量が非常に少ないという意味で希少アロマになります。
そういった意味でもお値段が上がってしまいますが、
ご理解いただけますと嬉しいです。