photo-1453145773937-419d8ae4fefb-2

室内芳香

室内芳香とはアロマオイル(精油)をディフューザーなどを用いて、室内に香りを拡散させるものです。
お部屋の空気の殺菌や浄化、リラックス効果などが期待できます。
フラワーショップを営む友人から定休日明けにショップに行くと匂いが気になると相談を受けました。
特に夏の間は水も腐りやすいでしょうし、来客がある空間は特にイメージにも影響するので気になりますよね。
相談をもらってから、おや?我が家は大丈夫だろうか?と考えてみたところ、
ワンコも一緒に暮らしているので改めて家の匂いについて見直してみました。

匂いが与えるイメージについて

アロマのメカニズムは、嗅覚と脳のしくみと関連があります。
鼻から香りを嗅ぐと、脳内の大脳辺縁系に伝わります。
そこに情動を司る「扁桃体」があり、心地よいか不快かなどが判断されます。

香りの刺激が脳に伝わる時間は0.2秒以下!
一瞬にして、イメージが左右されてしまいます。恐ろしいですね。

また、大脳辺縁系には記憶を司る「海馬」もあるので、
イメージの良し悪しが記憶されてしまいます(´Д` )

特に同じ場所に一定期間いるとその場の匂いに鼻が慣れてしまい、
香りを感じにくくなることがあります。

自宅の匂いには意外と疎いものかも知れません。

嗅覚を刺激する、アロマは快不快や記憶など情動をコントロールするものでもあります☆

芳香浴にアロマディフューザーは必要?

広い範囲での芳香浴にはアロマディフューザーがあると便利です^ ^
必ずしもないといけない訳ではありませんし、
香りを拡散する方法は機械だけではありません。

・アロマストーン
玄関やトイレなどの広さのない範囲での使用に適しています。
私は仕事の際に机での芳香浴はアロマストーンを使用しています。
デザインも豊富に出ているので、見た目でも楽しめます☆

・豆皿
アロマオイル(精油)は熱で揮発するので、
窓際などは小さなお皿に精油を少し垂らして置いておくと香りが立ちます。
相談をくれた友人は不在にする定休日に室内芳香をしたいということ、
ショップなどで外の明かりが入りやすいという条件があったのでこの方法をおすすめしました。

とはいえ、リビングなどを部屋全体を香りで満たした状態でお客様をお出迎えしたい、
そんなときはこの方法(かなりの荒技ですが、時間がないときに有効です^ ^)で実践しています。

・エアコンや空気清浄機
ティッシュにアロマオイル(精油)を数滴垂らして、
エアコンや空気清浄機の吹き出し口にセロハンテープなどでティッシュを付けます。
風と共に香りが広がります☆
見た目がひどいので、来客前にティッシュを捨てることを忘れないように気をつけてください^ ^

自宅の室内芳香におすすめのアロマオイル(精油)

デオドラント作用

和はっか精油モミ精油アスナロ精油のブレンドがおすすめです。
犬のトイレなどアンモニア臭にも効果的です。
和はっか精油は生ゴミの臭い消しにも効果的です。

空気清浄

ヒノキ精油スギ精油などのブレンドがおすすめです。
森の香りが効果的なので、モミ精油なども適します。

家ダニの改善

和はっか精油やユーカリ精油などがおすすめです。
家ダニは喘息やアトピー性皮膚炎のアレルゲンとなると言われているので、
アロマスプレーなどを作って除去するようにしています。

芳香浴の魅力

単純に心地よい香りは気持ちがいいですし、
さらにアロマを使うことによって殺菌や浄化、リラックスなどの作用を得ることができます☆
「いい匂い」はイメージが良いだけでなく、
そこで過ごす人の心と身体の健康維持にもつながります。
我が家では玄関にアロマストーンを置いているので、
主人の帰宅する前にアロマオイル(精油)を垂らしておきます。
玄関を開けて、ふんわりと心地よい香りが漂うと疲れも軽減されるかなと思っています。

大切な人と過ごす場所こそ、心地よい香りを…☆