季節のアロマカレンダー

 

THE AROMAは、「日本の四季にそった、健やかな暮らし」
季節の流れにそって、健やかに美しく生きることを大切に考えているショップです。

季節を楽しみ、季節の寄り添って生きることで、
こころもからだも健やかに暮らせると感じています。

日本の四季にそって、アロマを楽しむ、
いろいろな香りの提案を例えば、こんなふうにとカレンダーを作りました☆
日本の気候をわかりやすく示した「二十四節気」「七十二候」と共に昔ながらの知恵を取り入れながらご紹介します^ ^
 

カレンダー内の下線部分をクリックするとアロマの活用法をご覧いただけます^ ^ 

     □ 水始涸(みずはじめてかれる) 十五夜(中秋の名月)  

金木犀のおすすめスポットに出かけよう!

 

1 2 3頃 4頃 5 6 7
■ 寒露(かんろ) □ 鴻雁来(がんきたる)        □ 菊花開(きくのはなひらく)

 

8頃 9頃 10 11 12 13頃 14
神嘗祭(かんなめさい)  香りで食べる!まつたけの季節です☆   

□ 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)

菊まつり  りんごの美味しい季節です^ ^   
15 16 17 18頃 19 20 21
  ■ 霜降(そうこう)

□ 霜始降(しもはじめてふる)

      □ 霎時施(こさめときどきふる)
22 23頃 24頃 25 26 27 28頃
     ハロウィーン☆        
29  30  31          

旬のものをいただく、季節の移ろいが楽しくなる一言です。
栄養がたっぷりなだけでなく、その時期の心身に必要な作用を持ち合わせています☆

まつたけ
秋の香り、まつたけがそろそろ出始めるころです☆
最近ではカナダ産など海外からの輸入品も多く見かけますが、
日本産のまつたけほどの香りはないようです^_^;
香りの高いまつたけご飯を作るポイントは、
濡れ布巾で丁寧に汚れを取ってから、
ご飯が炊きあがる直前にまつたけを入れること!
新米と合わせて、秋の香りを楽しみましょう^ ^


りんご
ジューシーで甘く、蜜がたっぷりのりんごが美味しい時期です☆
りんごには食物繊維であるペクチンが豊富に含まれていて、
便秘や下痢などの不調を和らげる、天然の整腸剤と言われています。
イギリスでは「1日1個のりんごで医者いらず」という
ことわざがあるほど、健康によい食べ物として親しまれています^ ^
我が家では風邪のときにすりおろしりんごを作ったり、
スムージーのときに欠かせない果物です。

神無月(10月)、秋の夜長に虫の声が響くころです。
山も高地から葉が色づきはじめ、
あでやかな世界が広がる時期でもあります。
 

菊まつり
秋を代表する菊の花が咲き始めるころ、
東京 浅草の浅草寺では菊供養を行っています。
もともと旧暦の9月9日行われていた菊供養を
10月18日に行っています。
この時期は各地の神社やお寺で菊のお祭りや菊人形の展示が行われます。

神嘗祭(かんなめさい)
秋の五穀豊穣を感謝し、
天皇が皇居で採れた初穂を天照大神に備える宮中行事です。
神嘗(かんなめ)とは、神の饗
神を食事でもてなすという意味からきた言葉だと言われています。

二十四節気は、一年を24にわけて名前をつけ、季節の移り変りを表したもの(カレンダー内 ■ )、
七十二候は、二十四節気を更に3つに分け、その時期の特徴を表したもの(カレンダー内 □ )です。
 

  □ 水始涸(みずはじめてかれる)
田んぼの水を抜いて、稲の収穫に備えるころ。

 ■ 寒露(かんろ)
野原の葉の露が寒々として冷たく感じられるころ。

□ 鴻雁来(がんきたる)
渡り鳥の雁が集団で北から飛んでくるころ。

□ 菊花開(きくのはなひらく)
秋を代表する菊の花が咲き始めるころ。

□ 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)
きりぎりすやコオロギなどの虫の音がどこからか聞こえるころ。

■ 霜降(そうこう)
露に代わって霜が降り始めるころ。

□ 霜始降(しもはじめてふる)
霜が初めて降りるころ。

□ 霎時施(こさめときどきふる)
冷たい雨がしとしと降ったり、通雨のようにさっと強く降ったりするころ。