季節のアロマカレンダー

 

THE AROMAは、「日本の四季にそった、健やかな暮らし」
季節の流れにそって、健やかに美しく生きることを大切に考えているショップです。

季節を楽しみ、季節の寄り添って生きることで、
こころもからだも健やかに暮らせると感じています。

日本の四季にそって、アロマを楽しむ、
いろいろな香りの提案を例えば、こんなふうにとカレンダーを作りました☆
日本の気候をわかりやすく示した「二十四節気」「七十二候」と共に昔ながらの知恵を取り入れながらご紹介します^ ^
 

カレンダー内の下線部分をクリックするとアロマの活用法をご覧いただけます^ ^ 

   □ 楓蔦黄(もみじつたきなり)      

 

 ■ 立冬(りっとう)

1 2頃 3 4 5 6 7頃
□ 山茶始開(つばきはじめてひらく)        □  地始凍(ちはじめてこおる)  

 

8頃 9 10 11 12頃 13 14
 子供の成長を感謝して、七五三のお参りに^ – ^  

 □ 金盞香(きんせんこうばし)

 

  女性を輝かせるアロマの使い方☆   
15 16 17頃 18 19 20 21

 ■ 小雪(しょうせつ)

□ 虹蔵不見(にじかくれてみえず)

 

紅葉狩りに出かけませんか♪     □ 朔風払葉(さくふうはをはらう)  
22頃 23頃 24 25 26 27頃 28
             
29  30             

旬のものをいただく、季節の移ろいが楽しくなる一言です。
栄養がたっぷりなだけでなく、その時期の心身に必要な作用を持ち合わせています☆

さつまいも
ビタミンや食物繊維が豊富、胃腸を活発にし、便秘を解消、
さつまいもは身体に気を与えてくれるそう☆
日本では江戸時代に栽培がはじまったといいます。
我が家ではこの時期になると、
土鍋でさつまいもご飯を炊きます^ ^
ご飯と半量のもち米を入れるとおこわのようにモッチモチに!
甘くて美味しい人気のメニューです。


新米
この時期は新米の季節です☆
新米は水分を多く含んでいるので、
炊くときは水を少なめに。
土鍋で新米を炊いていると、蒸気から甘い香りが漂います^ – ^
蓋を開けるとツヤツヤふっくら!
今年も大地の恵みに感謝していただきます。
 

霜月(11月)、平地でも紅葉の始まるころです。
澄んだ青空に紅葉が映え、
山茶花や水仙の花が開き始める時期でもあります。
 

七五三
三歳、五歳、七歳の節目に神社にお参りをします。
健やかな成長に感謝をして、これからの健康と成長を祈る行事です。
昔は医学が発達していないため、子供が無事に育つことは難しいことで、
無事に育ったことに感謝し、お参りしたことが始まりと言われています。
七五三の千歳あめは
子供の長寿と健康を願って、細く長く、おめでたい紅白の色をしています。

紅葉狩り
花ではなく紅葉を鑑賞するのは、
外国ではあまり見かけない風習のように感じます^ – ^
万葉集や源氏物語にも紅葉狩りのことが登場するほど、
日本人は古くから秋の行事として紅葉狩りを楽しんできました。
銀杏や楓、紅葉など鮮やか色で山々が染まる様子は絶景です☆

二十四節気は、一年を24にわけて名前をつけ、季節の移り変りを表したもの(カレンダー内 ■ )、
七十二候は、二十四節気を更に3つに分け、その時期の特徴を表したもの(カレンダー内 □ )です。
 

□ 楓蔦黄(もみじつたきなり)  
楓や柿などの広葉樹の葉が色づきはじめるころ。

  ■ 立冬(りっとう)
日中の日差しも弱くなり、夜も長く、冬の気配が感じられるころ。

□ 山茶始開(つばきはじめてひらく)
 つばきの花によく似た山茶花の花が咲き始めるころ。

□  地始凍(ちはじめてこおる)
朝晩の冷え込みが増して、地面が凍り始めるころ。

 □ 金盞香(きんせんこうばし)
水仙の花が開き、花の香りがまわりに漂い始めるころ。

■ 小雪(しょうせつ)
雪がちらほらと降り始めるころ。

□ 虹蔵不見(にじかくれてみえず)
空気が乾燥し、冷たさも増し、空に虹を見かけなくなるころ。

□ 朔風払葉(さくふうはをはらう)
北風が吹き始め、枯れた木々の葉を落とすころ。