季節のアロマカレンダー

 

THE AROMAは、「日本の四季にそった、健やかな暮らし」
季節の流れにそって、健やかに美しく生きることを大切に考えているショップです。

季節を楽しみ、季節の寄り添って生きることで、
こころもからだも健やかに暮らせると感じています。

日本の四季にそって、アロマを楽しむ、
いろいろな香りの提案を例えば、こんなふうにとカレンダーを作りました☆
日本の気候をわかりやすく示した「二十四節気」「七十二候」と共に昔ながらの知恵を取り入れながらご紹介します^ ^
 

カレンダー内の下線部分をクリックするとアロマの活用法をご覧いただけます^ ^ 

  八十八夜     端午の節句
“菖蒲湯”に入ろう!

■ 立夏(りっか) 
□ 蛙始鳴(かわずはじめてなく)

 
1 2頃 3 4 5 6頃 7
旬のアロマ、よもぎを取り入れよう!   □ 蚯蚓出(みみずいずる)    たけのこの美味しい時期です♪   

 

8 9 10頃 11 12 13 14
 □ 竹笋生(たけのこしょうず)    

 

  ■ 小満(しょうまん)  □ 蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)
15頃 16 17 18 19 20頃 21頃
  疲労回復にはアスパラガスを! 

 

    □ 紅花栄(べにはなさかう)    
22 23 24 25 26頃 27 28
     □ 麦秋至(ばくしゅういたる)        
29  30  31頃          

旬のものをいただく、季節の移ろいが楽しくなる一言です。
栄養がたっぷりなだけでなく、その時期の心身に必要な作用を持ち合わせています☆

たけのこ
たけのこは一旬(10日)ほどで竹になってしまうことから、
「筍(たけのこ)」と言われるようになったそう。
時間が経つと固くなってアクも強くなることから、
美味しくいただくには採れたてが一番!
買う際には持ったときに重く、小ぶりで切り口の新しいものを。
我が家ではたけこのご飯が定番です☆

アスパラガス
新緑の頃になるとグリーンアスパラガスが美味しくなる頃☆
都内ではあまり見かけないのですが、
太くて柔らかいアスパラガスを見かけると必ず購入します^ ^
ブラックオリーブのみじん切りとマヨネーズ&ちょっとのヨーグルトを合わせて、
茹でたてのアスパラガスにかけていただきます。
シンプルにレモンとバターでも美味しいです☆
白ワインにも合う、夫のお気に入りのメニューです。

皐月(5月)、五月晴れの気持ちのよい日々に季節が夏に向かっていくことを感じます。
新緑が眩しく、爽やかな風が吹く頃です^ ^
緑も色濃く、心地よい陽気で過ごしやすい時期です。

八十八夜
立春から数えて、ちょうど八十八日目にあたる日。
茶摘みが始まる時期、この頃はやわらかく上質な茶葉が取れるだけでなく、
この時期のお茶を飲むと長生きできると言われています☆
八十八夜は八と八が重なることから縁起のいい日とも言われます。

端午の節句
武家社会で菖蒲が「勝負」「尚武」に通じることから、
男の子の成長を祝う日として定着しました。
香りの強い菖蒲の葉には古くから魔除けの力があると言われてきました。
「軒菖蒲」は家の軒下や玄関に菖蒲や蓬を飾って邪気祓いをし、
その軒菖蒲を洗ってお風呂に入れて「菖蒲湯」を楽しみます。
菖蒲湯には魔除けや厄よけ、勝負事に勝つなど不思議な力があるとされます。
ほのかな香りと菖蒲の血行促進作用が心身の疲れを癒します^ ^

二十四節気は、一年を24にわけて名前をつけ、季節の移り変りを表したもの(カレンダー内 ■ )、
七十二候は、二十四節気を更に3つに分け、その時期の特徴を表したもの(カレンダー内 □ )です。
 

 ■ 立夏(りっか) 
立夏は夏の季語。次第に夏めいて、五月晴れの晴天が続くころ。

 □ 蛙始鳴(かわずはじめてなく)
カエルが鳴きはじめるころ。

□ 蚯蚓出(みみずいずる) 
ミミズが土から出て活動を開始するころ。

 □ 竹笋生(たけのこしょうず)
たけのこが土から顔を出すころ。

■ 小満(しょうまん)
自然界の様々な生き物が活気を帯びてくるころ。

 □ 蚕起食桑(かいこおきてくわをくう)
冬眠から目覚めた蚕が桑を食べて、繭を紡ぐようになるころ。

 □ 紅花栄(べにはなさかう)
紅花の黄色い花が咲き誇るころ。

□ 麦秋至(ばくしゅういたる)
麦の穂が実り、収穫のころ。