季節のアロマカレンダー

 

THE AROMAは、「日本の四季にそった、健やかな暮らし」
季節の流れにそって、健やかに美しく生きることを大切に考えているショップです。

季節を楽しみ、季節の寄り添って生きることで、
こころもからだも健やかに暮らせると感じています。

日本の四季にそって、アロマを楽しむ、
いろいろな香りの提案を例えば、こんなふうにとカレンダーを作りました☆
日本の気候をわかりやすく示した「二十四節気」「七十二候」と共に昔ながらの知恵を取り入れながらご紹介します^ ^
 

カレンダー内の下線部分をクリックするとアロマの活用法をご覧いただけます^ ^ 

    桃(上巳)の節句    ■ 啓蟄(けいちつ) □ 蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく)   
1 2 3 4 5頃 6頃 7
春のイライラはアロマで解消!   □ 桃始笑(ももはじめてわらう)     鰆(さわら)の美味しい頃   
8 9 10頃 11 12 13 14
 □ 菜虫化蝶(なむしちょうとかす)    

春の彼岸入り

  ■ 春分(しゅんぶん)  □ 雀始巣(すずめはじめてすくう)
15頃 16 17 18頃 19 20頃 21頃
   

春の彼岸開け

 □ 桜始開(さくらはじめてひらく)         新玉ねぎの美味しい頃
22 23 24頃 25頃 26 27 28
旬のアロマ、桜で春を満喫!  □ 雷乃発声(かみなりこえをはっす)           
29  30頃  31        

 

旬のものをいただく、季節の移ろいが楽しくなる一言です。
栄養がたっぷりなだけでなく、その時期の心身に必要な作用を持ち合わせています☆

鰆(さわら)
字の通り、春の魚です^ ^
冬から春にかけて魚屋さんで見かけますが、脂がのって美味しい頃は春だそうです。
我が家では白味噌とお酒を合わせて、一晩つけて簡単ですが西京焼きを作ります。
ご飯が進むおかずです☆

新玉ねぎ
そのままスライスして、鰹節と一緒にサラダでいただいたり、
甘みが強くて美味しいので鶏団子と煮たり、すき焼きに入れたりします☆
ストーブのお鍋に皮ごと入れて蒸し焼きにすると甘みがグッと引き立ちます。
春のキャンプでの定番メニューです^ ^

弥生(3月)、まだまだ風の冷たい頃ですが梅の花を見ると春の訪れを感じます。
桜の開花が待ち遠しい頃です^ ^
別れの季節でもありますが、春と共に訪れる新しい出会いも楽しみな時期です。

桃(上巳)の節句
五節句のひとつ、女の子の健やかな成長を祝う行事です。
お雛様を飾り、はまぐりのお吸い物にちらし寿司、
白酒と菱餅に桜餅と草餅をいただきます。
菱餅の三色(白、緑、桃色)は、
白い雪がとけて緑の草が芽生え、桃の花が咲くという春を待つ気持ちが含まれているそう。

春のお彼岸
ご先祖様に感謝をするためにお墓参りをします。
「暑さ寒さも彼岸まで」というようにお彼岸が過ぎると気候が穏やかになります。
仏壇にお供えする「ぼた餅」、小豆の赤い色に魔除けの力があり、
邪気を祓うと信じられてきました。
ぼた餅とは春に咲く、牡丹の花にちなんでぼた餅と呼ばれるようになったそうです。
秋のお彼岸には、萩の花にちなんで「おはぎ」と呼ばれます。

二十四節気は、一年を24にわけて名前をつけ、季節の移り変りを表したもの(カレンダー内 ■ )、
七十二候は、二十四節気を更に3つに分け、その時期の特徴を表したもの(カレンダー内 □ )です。
 

■ 啓蟄(けいちつ)
暖かくなってきて、生き物たちが動き出すころ。

□ 蟄虫啓戸(すごもりのむしとをひらく) 
春の陽気に誘われて、土の下で冬眠していた虫たちが動き出すころ。

□ 桃始笑(ももはじめてわらう)
桃の花が咲き始めるころ。昔の人は花が咲くことを、笑うといったそうです。

□ 菜虫化蝶(なむしちょうとかす)
青虫が孵化して、美しい蝶に生まれ変わって飛び始めるころ。

■ 春分(しゅんぶん)
昼と夜の長さがほぼ同じになり、この日を境に徐々に日が長くなっていきます。

 □ 雀始巣(すずめはじめてすくう)
スズメが枝や草を集めて、巣を作り始めるころ。

 □ 桜始開(さくらはじめてひらく)
桜の花が咲き始めるころ。

□ 雷乃発声(かみなりこえをはっす)
春の訪れを告げる雷が多いころ。