季節のアロマカレンダー

 

THE AROMAは、「日本の四季にそった、健やかな暮らし」
季節の流れにそって、健やかに美しく生きることを大切に考えているショップです。

季節を楽しみ、季節の寄り添って生きることで、
こころもからだも健やかに暮らせると感じています。

日本の四季にそって、アロマを楽しむ、
いろいろな香りの提案を例えば、こんなふうにとカレンダーを作りました☆
日本の気候をわかりやすく示した「二十四節気」「七十二候」と共に昔ながらの知恵を取り入れながらご紹介します^ ^
 

カレンダー内の下線部分をクリックするとアロマの活用法をご覧いただけます^ ^ 

□ 半夏生(はんげしょうず)   お中元の季節です☆     

■ 小暑(しょうしょ)  

□ 温風至(おんぷういたる) 
七夕の節句☆

1頃 2 3 4 5 6頃 7頃
  暑い夏を快適に過ごすためのアロマ     □ 蓮始開(はすはじめてひらく)   

 

8 9 10 11 12頃 13 14
     □ 鷹乃学習(たかがならいをおぼえる)  

 

  夏の土用の入り  
15 16 17頃 18 19 20 21
 ■ 大暑(たいしょ) □ 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ) 

 

夏野菜の美味しい時期です^ ^       □ 土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし) 
22頃 23頃 24 25 26 27 28頃
             
29  30  31          

旬のものをいただく、季節の移ろいが楽しくなる一言です。
栄養がたっぷりなだけでなく、その時期の心身に必要な作用を持ち合わせています☆

うなぎ
江戸時代から土用の丑の日には鰻を食べるという習わしがあります。
うなぎはこの時期に万能な食材で、
元気のないときや体力の落ちているときの滋養強壮に最適です☆
山椒には食欲増進や消化促進などの作用があり、
うなぎと一緒にいただくと夏バテ対策にもなります。
この時期に漂ってくるうなぎを焼いている煙の匂いもいいものです^ ^

夏野菜
トマトやキュウリなどの夏野菜が美味しい時期です☆
キュウリは身体や肌を冷やす働きがあるので、
夏の水分補給やパックに最適です。
我が家ではたたきキュウリに梅か生姜を和えて、キャンプに持参します。
テントの設営などで汗をかいたときに食べる、冷えたキュウリが最高です^ ^
アボガドとキュウリをごま油とお塩で和えたナムル風は主人が好きなメニューです☆
 

文月(7月)、そろそろ梅雨も明け、本格的な夏が始まります。
黄色く鮮やかなニッコウキスゲが咲きそろう時期です☆
蓮の花が夜明けと共に咲き始める頃です。
 

七夕
7月7日の夜に天の川を渡って、織姫と彦星が一年に一度会うことが許される日、
笹竹に願いを書いた短冊や飾りものを吊るします☆
昔は笹の葉の朝露で墨をすって、その墨で短冊を書いたそうです。
新暦の7月7日は梅雨の最中で雨の日が多く、
なかなか天の川を見ることができません。
七夕に降る雨を「催涙雨」といい、織姫と彦星が流す涙だと言われています。

お中元
お世話になっている人に、感謝の気持ちを込めて品物を贈ります。
もともとお中元は先祖の供養の意味もあるので、
仏壇に供えてもらう日持ちのするお菓子などを贈っていたそうです。
お中元を贈る時期は7月初めから中旬頃、
これを過ぎたら暑中見舞い、残暑見舞いとして贈ります。
相手の方を想って、品物を選ぶ時間も楽しいものです^ ^

二十四節気は、一年を24にわけて名前をつけ、季節の移り変りを表したもの(カレンダー内 ■ )、
七十二候は、二十四節気を更に3つに分け、その時期の特徴を表したもの(カレンダー内 □ )です。
 

□ 半夏生(はんげしょうず) 
夏至から数えて11日目、半夏はサトイモ科の草でこのころに生え始めます。

 ■ 小暑(しょうしょ) 
そろそろ梅雨も明け、本格的な夏が始まるころ。

□ 温風至(おんぷういたる)
吹く風が、真夏の熱風を運んでくるころ。

□ 蓮始開(はすはじめてひらく) 
池や蓮田の蓮の花が、夜明けとともに咲き始めるころ。

□ 鷹乃学習(たかがならいをおぼえる) 
生まれた鷹のヒナがこのころ飛ぶことをおぼえ、巣立ちするころ。

■ 大暑(たいしょ)
真夏日が始まり、酷暑の日が続き、最も暑い夏のころ。

□ 桐始結花(きりはじめてはなをむすぶ) 
桐が実を結び始めるころ。

□ 土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし)
湿気が高く、土から蒸し暑さが上がってくる様子。