季節のアロマカレンダー

 

THE AROMAは、「日本の四季にそった、健やかな暮らし」
季節の流れにそって、健やかに美しく生きることを大切に考えているショップです。

季節を楽しみ、季節の寄り添って生きることで、
こころもからだも健やかに暮らせると感じています。

日本の四季にそって、アロマを楽しむ、
いろいろな香りの提案を例えば、こんなふうにとカレンダーを作りました☆
日本の気候をわかりやすく示した「二十四節気」「七十二候」と共に昔ながらの知恵を取り入れながらご紹介します^ ^
 

カレンダー内の下線部分をクリックするとアロマの活用法をご覧いただけます^ ^ 

 お正月    冬の肌トラブルをアロマで解消!   ■ 小寒(しょうかん)  □ 芹乃栄(せりさかう)   七草粥をいただく
1 2 3 4 5頃 6頃 7
     □ 水泉動(すいせんうごく)  鏡開き!   今夜は豚肉とお野菜のお鍋!   
8 9 10頃 11 12 13 14
□ 雉始雊(きじはじめてなく)     

アロマでお正月太りを解消! 

  ■ 大寒(だいかん)  □ 款冬華(ふきのとうはなさく)  
15頃 16 17 18 19 20頃 21頃
      □水沢腹堅(みずさわあつくかたし)    寒い日はシナモンティーで温まろう!   
22 23 24 25頃 26 27 28
   □鶏始乳(にわとりはじめてにゅうす)           
29 30頃          

 

旬のものをいただく、季節の移ろいが楽しくなる一言です。
栄養がたっぷりなだけでなく、その時期の心身に必要な作用を持ち合わせています☆

豚肉
我が家ではたっぷりのお野菜と一緒にお鍋にしたり、塩豚を作って燻製にしたりとバリエーションを楽しんでいます。
ビタミンB群を多く含み、免疫力の向上や滋養強壮なども期待出来る食材です☆

シナモン
スティックをミルクティーに入れたり、
パウダーをパンにふりかけたりして楽しんでいます^ ^
香りはもちろんですが、からだを温める作用があるので冷えの改善に効果的です。

睦月、家族や友人と集まる機会も多く、年初めは賑やかな時期です。
今年はどんな一年になるのかなとお正月を迎えると毎年ワクワクします^ ^

お正月
お正月は我が家に年神様を迎える、日本の伝統的な行事です。
家の門に門松を飾るのは年神様を家に迎えるための道しるべだそう^ ^
しめ縄は年神様を迎えるためのその場を清め、
悪いものが入り込まないようにするためもの、
一年に一度お正月だけにやってくる年神様は新しい命と新しい幸せをもたらしてくれると言われています☆

春の七草
無病息災を願って、セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ、
これらの七野菜を刻んでお粥に入れていただきます。
我が家ではお餅を小さくカットして七草と一緒にお粥に入れていただきます^ ^

鏡開き
お正月に年神様にお供えした鏡餅を割っていただくのが11日の鏡開きです。
運を開くという意味で刃ものは使わずに手で割ったり、
金づちや木づちを使用するそうです。
神様が食べたお餅をいただくことで神のエネルギーと繋がるという意味もあるそう、
子供の頃から母が作ってくれるお汁粉が楽しみな時期です^ ^

二十四節気は、一年を24にわけて名前をつけ、季節の移り変りを表したもの(カレンダー内 ■ )、
七十二候は、二十四節気を更に3つに分け、その時期の特徴を表したもの(カレンダー内 □ )です。

■ 小寒(しょうかん)
この日から「寒の入り」。冬至を過ぎて、寒さが次第に厳しくなるころ。

 □ 芹乃栄(せりさかう) 
寒さで空気が澄み、セリが成長するころ。

□ 水泉動(すいせんうごく)
水泉とは泉のこと、地中で凍っていた泉の水も動き始めるころ。

□ 雉始雊(きじはじめてなく)
オス雉が求愛の声を出して鳴きはじめるころ。

■ 大寒(だいかん)
一年で最も寒い時期。醤油や酒、味噌などの”寒仕込み”が行われるころ。

 □ 款冬華(ふきのとうはなさく)
雪解けを待たずにフキノトウの花が咲くころ。

□水沢腹堅(みずさわあつくかたし) 
沢の水が凍って、厚く張りつめるころ。

 □鶏始乳(にわとりはじめてにゅうす) 

鶏がたまごを生みはじめるころ。