季節のアロマカレンダー

 

THE AROMAは、「日本の四季にそった、健やかな暮らし」
季節の流れにそって、健やかに美しく生きることを大切に考えているショップです。

季節を楽しみ、季節の寄り添って生きることで、
こころもからだも健やかに暮らせると感じています。

日本の四季にそって、アロマを楽しむ、
いろいろな香りの提案を例えば、こんなふうにとカレンダーを作りました☆
日本の気候をわかりやすく示した「二十四節気」「七十二候」と共に昔ながらの知恵を取り入れながらご紹介します^ ^
 

カレンダー内の下線部分をクリックするとアロマの活用法をご覧いただけます^ ^ 

     節分と香りの関係とは?  ■ 立春(りっしゅん) □ 東風解凍(とうふうこおりをとく)    
1 2 3頃 4頃 5頃 6 7
 □ 黄鶯睍睆(うぐいすなく)    キンカンの美味しい時期です^ ^      □ 魚上氷(うおこおりにあがる) バレンタインに香りのギフトを!
8頃 9 10 11 12 13頃 14
     

■ 雨水(うすい)

□ 土脉潤起(どみゃくうるおいおこる)     
15 16 17 18頃 19頃 20 21
   □霞始靆(かすみはじめてたなびく)   アロマで花粉症ケア!    この時期にはニラが効果的!?   □草木萠動(そうもくもえうごく) 
22 23頃 24 25 26 27 28頃
             
29            

旬のものをいただく、季節の移ろいが楽しくなる一言です。
栄養がたっぷりなだけでなく、その時期の心身に必要な作用を持ち合わせています☆

キンカン
母がキンカンが大好きで、この時期になると毎日のように食べています^ ^
果皮にはビタミンCが豊富に含まれているので、
風邪予防や咳止めにもなります。
個人的にはそのままよりハチミツ漬けが好きです☆

ニラ
春のストレス改善にはニラ玉がいいそう!
ニラにはデトックスとリラックスの効能があり、
血の巡りを改善するので冷え性の方にもおすすめです^ ^
春から冬にかけて葉がふっくら柔らかく、厚くなるそうなので、
今の時期が最も食べごろです。

睦月、家族や友人と集まる機会も多く、年初めは賑やかな時期です。
今年はどんな一年になるのかなとお正月を迎えると毎年ワクワクします^ ^

節分
季節の変わり目は邪気が出てくると言われ、豆をまき邪気を払います。
豆まきの他にも柊の枝にイワシの頭を刺して、玄関に飾ります。
イワシの臭いが魔除けになると古くから言われています。
我が家では毎年、恵方巻きを巻くことが習慣になってきました。
厚焼き卵にかんぴょう、三つ葉に穴子ときゅうりが我が家の定番です。
七福神のご縁がありますようにと願って、恵方を向いて頂きます^ ^

バレンタインデー
大切な人に愛と感謝を込めて、
我が家では主人にチョコレートと香りのギフトが定番となっています☆
日頃の疲れやリフレッシュにいい香りを選ぶ頃が多いですが、
持ち歩いたり、ベッドサイドに置いたりと結構使ってくれています^ ^

二十四節気は、一年を24にわけて名前をつけ、季節の移り変りを表したもの(カレンダー内 ■ )、
七十二候は、二十四節気を更に3つに分け、その時期の特徴を表したもの(カレンダー内 □ )です。
 

 ■ 立春(りっしゅん)
春の始まり、旧暦では立春から一年が始まります。

 □ 東風解凍(とうふうこおりをとく)
東風とは春風のこと、厚く張っていた川や池の氷が少しずつ溶け始めるころ。

□ 黄鶯睍睆(うぐいすなく) 
ウグイスは別名 春告げ鳥、ウグイスの声を聞くと春がすぐそこに来ている。

□ 魚上氷(うおこおりにあがる)
暖かさと共に薄くなった池の氷から魚が飛び出るころ。

■ 雨水(うすい)
寒気がゆるみ、降る雪が雨となり、積もった雪も溶け出して水になるころ。

□ 土脉潤起(どみゃくうるおいおこる) 
雪に代わって、春の暖かい雨が降り、地面が湿り気を含むころ。

 □霞始靆(かすみはじめてたなびく)  
遠くの山々に春霞がたなびくころ。

□草木萠動(そうもくもえうごく) 
自然界に全ての草木が長い眠りから覚め、芽を吹き出すころ。