季節のアロマカレンダー

 

THE AROMAは、「日本の四季にそった、健やかな暮らし」
季節の流れにそって、健やかに美しく生きることを大切に考えているショップです。

季節を楽しみ、季節の寄り添って生きることで、
こころもからだも健やかに暮らせると感じています。

日本の四季にそって、アロマを楽しむ、
いろいろな香りの提案を例えば、こんなふうにとカレンダーを作りました☆
日本の気候をわかりやすく示した「二十四節気」「七十二候」と共に昔ながらの知恵を取り入れながらご紹介します^ ^

 

カレンダー内の下線部分をクリックするとアロマの活用法をご覧いただけます^ ^ 

   □ 橘始黄(たちばなはじめてきなり)   そろそろ風邪の時期、アロマで予防を! 春菊の和え物を作る☆    ■ 大雪(たいせつ)
1 2頃 3 4 5 6 7頃
□ 閉塞成冬(そらさむく、ふゆとなる)    今夜は牡蠣鍋☆   □ 熊蟄穴(くまあなにこもる)  正月の事始め アロマで年賀状に香り付け!
8頃 9 10 11 12頃 13 14
    □鱖魚群(さけのうおむらがる)   アロマを使って大掃除!
   
15 16 17頃 18 19 20 21
 ■冬至(とうじ)
柚子湯^ ^
 □乃東生(なつかれくさしょうず) アロマで作る、クリスマスの香り☆     □麋角解(しかのつのおつる)  
22頃 23頃 24 25 26 27頃 28
   年末年始のアロマを準備!  大晦日        
29 30 31        

旬のものをいただく、季節の移ろいが楽しくなる一言です。
栄養がたっぷりなだけでなく、その時期の心身に必要な作用を持ち合わせています☆

春菊
我が家ではお鍋やすき焼きに入れたり、生でサラダで食べることが多いお野菜です。
鉄分やカルシウムなどが豊富で寒さで荒れやすい肌を守ってくれるそうです☆

牡蠣
牡蠣のクリームグラタンは我が家の冬の定番メニューです^ ^
亜鉛の含有量が多く、栄養素満点!不眠や解毒、神経強化にも効果的だそうです。

師走、読んで字のごとく一年で最もあっという間に過ぎていく月のように感じます。
このカレンダーを作りながら、年賀状の準備と大掃除しなくちゃ!と焦っています^ ^

正月の事始め
すす払いから大掃除をし、お正月の準備を始める頃です。
この時期になると京都など神社仏閣で仏像のすす払いをニュースで見かけるようになります。
我が家では仕事納めの後にダーっと大掃除、少しずつやってもなぜか終わらないものです^^;

クリスマス
クリスマスに欠かせないモミの木ですが、
ヨーロッパでは冬至の頃にモミの木を飾る習慣は家族の健康を願ってのことと言われます。
風邪を引きやすい時期の体調管理を植物で行う、国は違えど風習は似ています☆

大晦日
大晦日にいただく年越しそば、「幸せに長く暮らせますように」と願って食べるそう。
諸説ありますが、行く年に感謝をして、来る年の幸せを願う、
家族揃って年越しそばをいただく時間を毎年大切にしたいと思います☆

二十四節気は、一年を24にわけて名前をつけ、季節の移り変りを表したもの(カレンダー内 ■ )、
七十二候は、二十四節気を更に3つに分け、その時期の特徴を表したもの(カレンダー内 □ )です。

□ 橘始黄(たちばなはじめてきなり)
橘は常緑樹、その橘の実が黄色く色づくころ。

 ■ 大雪(たいせつ)
大雪が降る季節という名称、冷たい風がきつく感じられるころ。

□ 閉塞成冬(そらさむく、ふゆとなる)
灰色の雲で空が塞がり、動植物が活動を控え、寒々とした真冬の季節のころ。

□ 熊蟄穴(くまあなにこもる)
熊が穴にこもって冬眠するころ。

□鱖魚群(さけのうおむらがる)
海で育った鮭が産卵のため、川をさかのぼってくるころ。

 ■冬至(とうじ)
一年で昼が最も短く、夜が長くなるころ。

□乃東生(なつかれくさしょうず)
夏枯草が芽を出すころ。夏至の「乃東枯(なつかれくさかれる)に対する候。

□麋角解(しかのつのおつる)
大きな鹿の角が抜け、新しい角が生え代わるころ。