節分の翌日は立春です。
旧暦では立春から一年がスタートします☆

季節の変わり目には邪鬼が出てくるので、
邪気払いのために豆をまいたそうです。
立冬から立春に変わる前日が節分ですので、
新たな年を健やかに過ごすための行事です。

ヒイラギの枝にイワシの頭を挿し、
魔よけとして玄関に飾ります。
イワシの香りが邪気を払うとされています。
また、先人たちはヨモギに含まれる
シネオールという成分に由来する香りが邪気を払ってくれると信じていました。
昔から日本では強い香りには邪気払いの効果があると期待されてきました。

我が家は節分の日は、
ヨモギ湯とヨモギを入れたアロマスプレーで邪気払いをします^ ^

季節の変わり目は体調を崩しやすい時期でもあるので、
からだを温める働きのあるヨモギで心身の健康維持をしています。

国産無農薬栽培のヨモギアロマはこちら^ ^