季節のアロマカレンダー

 

THE AROMAは、「日本の四季にそった、健やかな暮らし」
季節の流れにそって、健やかに美しく生きることを大切に考えているショップです。

季節を楽しみ、季節の寄り添って生きることで、
こころもからだも健やかに暮らせると感じています。

日本の四季にそって、アロマを楽しむ、
いろいろな香りの提案を例えば、こんなふうにとカレンダーを作りました☆
日本の気候をわかりやすく示した「二十四節気」「七十二候」と共に昔ながらの知恵を取り入れながらご紹介します^ ^
 

カレンダー内の下線部分をクリックするとアロマの活用法をご覧いただけます^ ^ 

  □ 大雨時行(たいうときどきふる)    旅先で役立つ和のレスキューアロマ   

 

■ 立秋(りっしゅう)  

1 2頃 3 4 5 6 7頃
□ 涼風至(すずかぜいたる)    桃の美味しい季節です^ ^   □ 寒蝉鳴(ひぐらしなく)   

旧盆

8頃 9 10 11 12頃 13 14
 終戦記念日    □ 蒙霧升降(のうむしょうこうす)  

 

新生姜が出始める頃です☆     
15 16 17頃 18 19 20 21
   ■ 処暑(しょしょ)

□ 綿柎開(わたのはなしべひらく)

   夏負けしないアロマの使い方    □ 天地始粛(てんちはじめてさむし) 
22 23頃 24頃 25 26 27 28頃
             
29  30  31          

旬のものをいただく、季節の移ろいが楽しくなる一言です。
栄養がたっぷりなだけでなく、その時期の心身に必要な作用を持ち合わせています☆


桃の美味しい季節、
8月8日から10日までは白桃(八九十)の日としている桃の産地もあります^ ^
甘くジューシーな桃は滋養強壮、消化促進、虚弱体質の改善が期待できます。
心も体も元気になるフルーツです☆
夏のうちに桃を食べておくと秋の肌がピチピチになるそう。
温性なので冷え性の方にもおすすめです

新生姜
苦味も辛味も少なく、香りのいい新生姜が並び始めるころです。
血行を良くし、身体を温めてくれるので、
エアコンで冷えた身体を温めて、夏風邪の予防にもなります☆
我が家では新生姜を薄くスライスして蜂蜜を入れて、
水分が出てきたらお鍋に移して煮詰めます。
ヨーグルトに入れたり、炭酸水で割って蜂蜜ジンジャーを楽しんだり、
身体が冷えたときにはお湯で割って飲むとポカポカと温まります^ ^

葉月(8月)、残暑が続きますが、秋風の涼しさを感じるころです。
「カナカナ」と蜩(ひぐらし)が鳴き始めると
秋の気配と共に夏の終わりが少し寂しく感じる時期でもあります。

旧盆
8月15日前後は旧盆、お盆休みを利用して故郷に帰郷する人も多い時期です。
迎え火は先祖の霊が道に迷わないように門前で火を焚き、
道標にするもの。
送り火は無事にあの世に帰れるよう、帰る道を明るく照らすもの。
京都の「大文字送り火」も送り盆の行事のひとつです。
お盆が過ぎると夏もいよいよ終盤です。

終戦記念日
広島では、原爆の日の6日にとうろう流しが行われ、
鎮魂と平和への願いが水面に浮かべられます。
祖父母から戦争の話を聞くたびに胸が締め付けられそうな感覚になりました。
今こうして与えられた命を大切に、
あのような悲劇が二度と起こらないように、
そして、次世代に平和な世界を繋げるように生きたいと思います。

二十四節気は、一年を24にわけて名前をつけ、季節の移り変りを表したもの(カレンダー内 ■ )、
七十二候は、二十四節気を更に3つに分け、その時期の特徴を表したもの(カレンダー内 □ )です。
 

□ 大雨時行(たいうときどきふる) 
夏の夕立や集中的に雨が激しく降るころ。

■ 立秋(りっしゅう) 
秋の気配を少し感じるころ。

□ 涼風至(すずかぜいたる)
朝晩に涼しい風を感じられるころ。

□ 寒蝉鳴(ひぐらしなく)
「カナカナ」と蜩(ひぐらし)が儚く鳴き始めるころ。

□ 蒙霧升降(のうむしょうこうす)
春はぼんやりとした春霞、秋は濃い霧が立ち上がることがあります。濃い霧が立ち込める様子のこと。

■ 処暑(しょしょ)
暑さが止まるころ。

□ 綿柎開(わたのはなしべひらく) 
綿の実を包んでいるガクが開くころ。

□ 天地始粛(てんちはじめてさむし)
ようやく暑さが収まり、粛(ちぢむ)ころ。