香りのある暮らし、と聞くとおしゃれな暮らしを連想されることがあります。
確かに香りがあることで、空間全体がクラスアップした印象になりますが、
香りのある暮らしの本当の意味はそれだけではないのです☆

店主 伊藤が和アロマを暮らしの中で使ってみて、感じたことをご紹介させてください。

四季に寄り添い、自然のリズムを取り入れることで、
生活にメリハリが出て、気持ちが前向きになります。
その心地よいリズムでこころとからだが健やかになるのです。

特に自然が身近に少ない環境にお住いの方は、
100%天然のアロマで植物のエネルギーを取り入れることが大切です☆
旬の植物から生まれたアロマはエネルギーに満ちていて、
私たちのこころとからだを元気にしてくれるパワーを持っています^ ^

ポイントは日本の季節変動に合わせて、
その時期の心身のストレスを緩和する働きのあるアロマを使うこと、
季節に合わせた旬のアロマを取り入れることです☆

ここでは四季を意識した、和アロマの使い方をご紹介します。

暦と暮らしとアロマの使い方をご紹介します^ ^
季節の行事や旬の食べものなど、二十四節気と七十二候と共に季節を楽しみましょう。

睦月(1月) 如月(2月) 弥生(3月) 卯月(4月) 皐月(5月)   水無月(6月)
文月(7月) 葉月(8月) 長月(9月) 神無月(10月) 霜月(11月) 師走(12月)