アロマ用ドロッパー付き遮光瓶【10ml 20ml 30ml】

アロマのブレンドなどに便利なドロッパー付き遮光瓶です。 


好みの香りでブレンドアロマを作るとき、友人にプレゼントをするとき、
手作りコスメを作るときなど、アロマ用のボトルがあると便利です☆
天然100%の
アロマオイル(精油)はとても繊細でデリケートなもの、
遮光性のあるアロマ用の瓶で保管することは品質保持にもつながります^ ^
私は好みや目的に応じてアロマをブレンドする時には、
必ずこのアロマ用遮光瓶に入れて保管します。
こちらの遮光瓶にはドロッパー(※)と呼ばれる中蓋が付いているので、
手作りコスメなど計量が必要なときでも、とても簡単で便利です☆

※ドロッパー
アロマ用遮光瓶のキャップについている計量タイプの中蓋です。
ドロッパーは一般的には、1滴が約0.05mlに設定されています。
1mのアロマがl必要なときはドロッパーから20滴垂らすと約1mlとなります。


アロマのプロも使う、その理由
遮光瓶であること、ドロッパーが付いていること、
品質保持と使い勝手の良さから多くの支持を得ています☆
ドロッパーがない場合はスポイトを使用して計量を行いますが、
スポイトは1回ごとに無水エタノールで洗う必要があります。
粘度の高い精油の場合、なかなか綺麗に落ちなかったり( ;  ; )

キャップをカチッと締めるだけで、ドロッパーもしっかりとはまります。
そう、これ!中には力を入れないとしっかりはまらないものもあったり、
女性の力では結構負担になるボトルも少なくありません。
こちらのボトルにはそのストレスを感じることがないので、
アロマ仲間の皆さんにもご紹介できればと思い、今回仲間入りしました。
気に入っていただけると嬉しいです^ ^


アロマ用ドロッパー付き遮光瓶のこだわり


■ 精油などの内容物を守るために光を遮るタイプ(遮光瓶)です。
■ 紫外線(精油などの品質劣化の原因)に強い、アンバー(茶色)を採用しています。

■ 精油、セルエキストラクト(水溶性アロマ)のどちらでも使用できます。
■ ドロッパーは1滴が約0.05mlで設計されています。
■ ドロッパー部分は薬品耐性のあるポリエチレン(PE)製です。

店主の伊藤が容器会社さんから設計図とサンプルを取り寄せ、何度も確認したこだわりのボトルです^ ^


■ ブレンドアロマを楽しみたい方に
■ 友人などにアロマをプレゼントしたい方に
■ 精油などを小分けにして保管したい方に
■ アロマクラフトを楽しみたい方に
■ 自然派スキンケアに興味がある方に
■ アロマテラピーのセルフケアに興味がある方に
■ ご自分やご家族の健康維持やリラクゼーションに関心がある方に
■ アロマの心地よい香りを感じたい方に

各容量は用途によっての使い分けがおすすめです☆
10ml 精油をブレンドするときに便利です。
20ml 旅行などに手作り化粧品を持って行くときに便利です。
30ml キャリアオイルの小分け、マッサージオイル(精油+キャリアオイル)、
手作り化粧水(低温真空抽出水+セルエキストラクト)を入れて保管するのに便利です。

画像によって遮光瓶の濃さに違いが出ていますが、遮光性に問題はございません。

アロマ用ドロッパー付き遮光瓶【10ml 

価格 250円(税込 270円)

アロマ用ドロッパー付き遮光瓶【20ml 

価格 300円(税込 324円)

アロマ用ドロッパー付き遮光瓶【30ml 

価格 380円(税込 410円)

【品名】アロマ用ドロッパー付き遮光瓶
【材質】ボトル部分:ガラス、キャップ部分:PP PE
【容量】 10ml、20ml、30ml
【サイズ】10ml(H:59 W:25 L:25)、20ml(H:75 W:28 L:28)、30ml(H:85 W:32 L:32)
【生産国】 日本 
【製造販売元】 竹本容器株式会社
発売元】一般社団法人日本の香り推進機構 

 ※ドロッパーは通常(多くの精油に対応)タイプとなります。
精油の中でも粘度の高いものにご使用される場合は稀に出にくい場合がございますので、ご了承ください。

出荷時はボトルとキャップの2種でお届けします。
内容物を注いだ後に、
キャップをボトル本体にはめ込むと
自動的にドロッパーがボトルの口部分に装着されます。 
出荷時のキャップの状態です。
ボトルに装着されたドロッパーは手で外せますので、
再びボトルの内容物を入れることも可能です。

 

アロマ用ドロッパー付き遮光瓶 10ml
アロマ用ドロッパー付き遮光瓶 20ml
アロマ用ドロッパー付き遮光瓶 30ml


※キャップはしっかりと締めてご利用ください。
※ボトル落下防止のために、濡れた手で触らないようにしてください。
※お子様やペットの手の届かない所で保管してください。
※アロマクラフトを作成時にはレシピと作成した日付をラベルに記入し、容器に貼ってください。

詳しい取り扱い方法についてこちらをご参照ください↓
アロマテラピーについて 安全に楽しむための基本ルール