photo-1451443700141-5ddb6d85a8fc

アロマバス

アロマバスとはお風呂の中に精油を入れて、植物の香りを楽しみ、植物の作用をからだに取り入れるものです。
入浴には血行を促進して新陳代謝を高めること、筋肉の緊張や疲労を緩和する効果が期待できます。
心地よいアロマの香りを用いることで、リラックス効果を高める働きがあります。

アロマバスの作り方(全身浴 1回分)

天然塩 大さじ1〜2杯程度
精油 3〜5滴程度

容器に天然塩を入れて、そこに精油を入れて混ぜて完成です。
湯船に入れてよくかき混ぜましょう。

天然塩はミネラル成分が含まれるため、肌の調子を整え、発汗作用が期待できます。
一般的にはヒマラヤ岩塩や死海の塩などが有名ですが、産地によって成分が異なります。
ベースは天然塩の他にはちみつやキャリアオイルなども使用します。

乾燥が気になるときははちみつやキャリアオイルがおすすめですが、
キャリアオイルを使用する場合は湯船の底が滑りやすくなりますので、注意しましょう。

アロマバスにおすすめの精油

冷えの改善

ユズ精油ヒノキ精油のブレンドがおすすめです。
特にユズ精油にはからだを温める作用があるので冷え性の方はぜひ☆

疲労回復

ヒノキ精油タイリン月桃精油のブレンドがおすすめです。
ヒノキ精油と月桃精油は活力を与え、こころとからだのエネルギーチャージに適します。

むくみ改善

スギ精油シマ月桃精油のブレンドがおすすめです。
からだを温めて体内の老廃物を排出する作用がある、レモン精油を入れても効果的です。

手作りアロマバスの魅力

入浴剤は皮膚から成分を吸収(経皮吸収)します。
特に女性は膣吸収(他の皮膚に比べて、膣吸収は42倍!)があるので、
からだに安心なものを使いたいと考えています。

我が家では入浴剤は毎回手作りしています。
その日の家族の体調に応じて、手軽に作れることも魅力です☆
からだの不調はもちろんですが、こころの調子を整えるためにもアロマバスはおすすめです。
不安なこと、悲しいこと、緊張すること、こころの強張りを香りがほぐしてくれます^ ^
各精油の効能についての詳細は商品ページをご覧いただけると嬉しいです。

毎日使うものだから、家族皆んなで使うものだから、安心なものを…☆