季節のアロマカレンダー

 

THE AROMAは、「日本の四季にそった、健やかな暮らし」
季節の流れにそって、健やかに美しく生きることを大切に考えているショップです。

季節を楽しみ、季節の寄り添って生きることで、
こころもからだも健やかに暮らせると感じています。

日本の四季にそって、アロマを楽しむ、
いろいろな香りの提案を例えば、こんなふうにとカレンダーを作りました☆
日本の気候をわかりやすく示した「二十四節気」「七十二候」と共に昔ながらの知恵を取り入れながらご紹介します^ ^
 

カレンダー内の下線部分をクリックするとアロマの活用法をご覧いただけます^ ^ 

  アロマを始めよう!まずは本から♪   ■ 清明(せいめい) □ 玄鳥至(つばめきたる)    桜アロマを持ってお花見に♪
1 2 3 4頃 5頃 6 7
  □ 鴻雁北(こうがんきたす)   初がつおの美味しい時期です☆     

□ 虹始見(にじはじめてあらわる)

8 9頃 10 11 12 13 14頃
  夏みかんのママレードを作ろう^ ^   

 

  ■ 穀雨(こくう)  □ 葭始生(あしはじめてしょうず)
15 16 17 18 19 20頃 21頃
   

 

 □ 霜止出苗(しもやんでなえいず)         
22 23 24 25頃 26 27 28
  □ 牡丹華(ぼたんはなさく)           
29  30頃            

旬のものをいただく、季節の移ろいが楽しくなる一言です。
栄養がたっぷりなだけでなく、その時期の心身に必要な作用を持ち合わせています☆

初がつお
「春は初がつお、秋は戻りがつお」とカツオの旬は春と秋にあるそう。
旬に合わせた美味しい食べ方は秋は脂がのっているのでお刺身、
春はさっぱりしているのでたたきが合うそうです。
我が家では生姜やにんにくなどたっぷりのお薬味を一緒にいただきます♪

夏みかん
この時期になると毎年、庭になる夏みかんで母がママレードを作っています。
家中に爽やかな香りが広がって春の訪れを感じるときでもあります^ ^
朝食のパンにつけたり、ヨーグルトに入れて食べたり、
我が家ではキャンプのときに鶏肉のグリルに甘さと香りづけに使ったりします。
苦味のある爽やかな甘さに春を感じます^ ^

卯月(4月)、日増しに暖かい日が増えて桜が咲き揃う姿に春を感じます。
明るい陽を受けて、草木が芽吹く頃です^ ^
春の始まりと共に新しい生活がスタートする時期です。

 

十三参り
数えで13才になった男女が虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)にお参りします。
主に京都を中心とした関西に伝わる習慣だそうですが、
東京在住の私も十三参りをした記憶があります^ ^
女の子は初めての厄年にあたるので、厄払いの意味もあるそうです。

イースター
イエス・キリストの復活を祝う日。
毎年日付は変わりますが、
春分の日が過ぎた最初の満月の次の日曜日と定められています。
カラフルな色で絵付けした卵を飾って、ごちそうを食べてお祝いします。
少しずつですが日本でも定着してきています。

 

二十四節気は、一年を24にわけて名前をつけ、季節の移り変りを表したもの(カレンダー内 ■ )、
七十二候は、二十四節気を更に3つに分け、その時期の特徴を表したもの(カレンダー内 □ )です。
 

■ 清明(せいめい)
自然界のすべての生き物が生き生きするころ。

□ 玄鳥至(つばめきたる) 
冬を南国で過ごしたツバメが日本に帰ってくるころ。

□ 鴻雁北(こうがんきたす)
ツバメたちと入れ替えに雁が北のシベリアへ帰るころ。

□ 虹始見(にじはじめてあらわる)
雨が上がった後、春の空に横たわる虹。

■ 穀雨(こくう)
穀物を潤し育てる春雨の降るころ。

 □ 葭始生(あしはじめてしょうず)
池や川の水辺のほとりの葦が芽を出しはじめるころ。

 □ 霜止出苗(しもやんでなえいず)
やっと霜が降りなくなり、苗が大きくなるころ。

□ 牡丹華(ぼたんはなさく)
大きく華やかな牡丹の花が咲き始めるころ。